みなさん冷凍弁当を食べたことがありますか?私はここ2年くらい、1週間分の冷凍弁当を冷凍庫に常備しています。普通のお弁当と違って作り立ての新鮮さは落ちますが、冷凍食品ならではのメリットがあるからです。しかし実際に購入してみてわかったデメリットというのもあります。

そこで今回は冷凍弁当のメリットとデメリットを紹介します。これから通販で冷凍弁当を購入して宅配してもらうか考えている人はぜひ参考にしてください。もし本ページの内容を理解した方は冷凍弁当の宅配・通販おすすめブログで業者を探すと良いと思います。結構細かく研究されているので、とても役に立つサイトです。

メリット

  • 好きな時にすぐに食べられる
  • 栄養バランスが整っている
  • 高齢者向けの冷凍弁当がある
  • 買い物や調理の手間や時間を削減できる
  • メニューを考えなくてよい

冷凍弁当の最大のメリットは電子レンジを使えばすぐに食べられるという点ですね。早朝でも深夜でも、手間をかけずに美味しい冷凍弁当を食べる事ができます。しかも管理栄養士がレシピを監修している業者が多いので、何も考えなくても健康を維持することができます。

特に高齢者など歯が弱い人には柔らかい食材を用いた冷凍弁当もあります。塩分やカロリー、たんぱく質を制限した冷凍弁当もあるので、ダイエットや持病を患っている人でも安心です。

妊娠している人や足腰が弱い人、スーパーやコンビニが遠い場所に住んでいる人は買い物をする労力を省くことができるのも大きいですね。同時に毎日の料理メニューを考えなくて済むのもありがたいです。

デメリット

  • 市販の弁当よりも少し高い
  • 冷凍庫のスペースが必要
  • 味は少し劣る

私は常時7個保管していると、冷凍庫が一杯になってしまいます。冷凍庫のサイズがでかい家族向けの冷蔵庫を持っている人は大丈夫だと思います。

それと管理栄養士が監修していたり、冷凍保存のコストがかかっている分、一般のお弁当よりも割高になっています。同時に、いまいち美味しくない冷凍弁当もあります。


以上のメリット・デメリットを理解したうえで、自分に合った宅配冷凍弁当を通販で購入するようにしましょう。